伝統を継承し新たな文化を創造するための施設、神田明神文化交流館にて和ごころアカデミー講座が始まります。2月からは、世界に類を見ない都市「江戸」を、歴史・文化・地形・街並みの変遷などから考察する「神田明神・江戸東京文化講座」と一中節十二世宗家都一中による「日本の音楽の学校 音で観るこの国のかたち」を各講座8回完結にて開催いたします。

一中節十二世宗家 都一中(常磐津文字蔵)による
「日本の音楽の学校 音で観るこの国のかたち」

都一中音楽文化研究所の協力により、特別講座が実現いたします。
江戸文化は、世界史上稀に見る長い平和によって熟成された、古代からの日本人の考え方や感じ方の集大成です。江戸の音楽の中に溶けこんでいる2000年以上の文化の蓄積は、江戸の音楽の演奏家にしか実感できないため、今まで誰も語ることはありませんでした。一中節としてあまねく知られる12世都一中氏が、ご本人の演奏も含めた講演で、今回初めて日本の文化の本質を音楽から解き明かします。

*単一回のみの受講も可能です。

第1回
2019/2/13(水) 13:00〜14:30
「江戸の洗練された音楽を体験する」

第2回
2019/2/20(水) 13:00〜14:30
「2000年を超える日本の音楽の歴史を知る」

第3回
2019/2/27(水) 13:00〜14:30
「歌舞伎を音で観る」

第4回
2019/3/6(水) 13:00〜14:30
「日本人の宗教観を音楽からひもとく」

第5回
2019/3/13(水) 13:00〜14:30
「外国の文化と日本の音楽」

第6回
2019/3/27(水) 13:00〜14:30
「繊細な日本の自然と音楽」

第7回
2019/4/3(水) 13:00〜14:30
「日本美術と日本音楽」

第8回
2019/4/10(水) 13:00〜14:30
「現代の生活の中の日本音楽」

開業記念特別受講料 ¥2,000(税込) 
*当日受付にて現金でお支払いください。クレジットカード、電子マネー等はご利用いただけません。

TEL:03-6811-6675
WEBお問い合わせ・受講申込はこちら